介護が好きじゃないと介護職になっては駄目という風潮に違和感覚える

介護職の条件に違和感

介護が好きじゃないと駄目な風潮

介護業界で疑問に思う所は

介護で働く人は介護を好きじゃないと駄目

みたいな風潮がある所、ありませんか?

別に介護が好きじゃ無くてもいいと思うんですよね

こんな事を言うと

「だから介護職の虐待が減らないんだ」

「こういう事を言うから介護職の地位が上がらないんだ」

「シツガー、シツガー」

という意見が出るかもしれないけれど・・・

別に介護なんて嫌だ、という人がいても問題ないと思うんですよ

私も最初は介護職に対しての不安は有りました

特に排泄介助の不安が一番大きかったですね、まさに汚いというイメージ

ただでさえ処遇で人手不足になっており、制限や資格も逆に厳しくなっている

そんな中、介護が好きな人や想いがある人という条件付ける余裕は無いと思うんですよ

好きな事を仕事にできるのは一部

介護は別に特別な仕事でも無いです、言ってしまえばサービス業

でも何故か異常にやりがいを求められる傾向にあるんですよね

世の中で本当に好きな事を仕事にできている人は何割いるでしょう?

好きな事を仕事にできるってかなり幸せな事で、中々出来る事ではない

工場で働いている人は、全員が工場で働く事にやりがいを持っているのか?

接客業で働いている人は、本当に全員が接客業に想いが無いと駄目なのか?

別にダメでも無く普通の事だと思うんですよ

経理は経理の仕事が好きじゃないと横領が発生する訳でもないし

何故かと言うと、一生懸命と言ういい訳をこれまでに何度も聞いてきたからです

一生懸命やって利用者が迷惑と感じるのと

気持が無くても、利用者が満足しているのならば、私は後者を選びます

「私は一生懸命やってるんです」

という言葉、耳にタコができるくらい聞いてきました、それは単なる自己満足

そりゃ経営陣となれば話は別ですが

役員未満からすると、仕事として採用されたからという人も多いと思うんですよね

だって世の中の大半の人は

月曜日だ、仕事も終わって明日仕事だ

と思うものと認識してるんですけど、どうなんでしょう?

シフト制に慣れているので、その感情は私には分かりません

悪意の無い善意とプライド

介護に対して想いや、面白さが無ければ駄目という考えは自分で自分の首を絞めてます

今でも覚えているのが、介護業界に入る前にヘルパー2級を修了したのですが

その時の講師が昼食前に排便の話をしたんですよね

別に誰も何も気にしていません、私も言われるまで分かりませんでした

その講師の言葉は

「あ、ごめんなさいね、私達はカレー食べながら排便の事話せるから」

と、別に言う必要はない訳です、周りはドン引きになるだけ

後はネットの掲示板とかでは、利用者の暴力行為の相談に対して

「認知で暴力は良くある事、だから面白いんじゃないですか」

という答え

誰だって暴力は嫌だし、私は好んで殴られる性癖もありません

全く知識が無い人が見たら、間違ったイメージ持つと思います

でも自分の行動が正しいと思っている人の考えを変えるのはすごく難しい

年を取ればとる程、固定された考えに固執する傾向があります

悪意の無い善意が一番厄介

介護業界側にも受け入れる構えが出来ていない

最も原因は介護業界の処遇が根本の原因と言うのは変わらないけど

介護業界の特殊な状況、特に職人気質や古い考えの介護経験者

その辺りの意識も変えていかないと、このままでは変わり難い

もっと分かりやすく言うと、効率良いも意味無無い非効率が重視される世界

異業種からの転職組であるのなら

何となく誰もが感じて洗礼を受けた事があると思います

介護の仕事が嫌いでは無いですよ

介護の仕事は嫌いじゃないです

結構ブログで介護に対して批判的な事書いてますけど

介護の仕事が嫌いという訳ではありません

シフト制だろうと苦になりません、週5の勤務の方がキツイ

夜勤も特にきつくありません、逆に日勤だけの方が体がしんどい

休みの次の日だろうと、出勤日の朝に憂鬱な気分になった事もほぼありません

よし、頑張ってフロア回すぞー、とその日のタイムスケジュール考えたり

利用者との雑談も他の仕事では考えられない楽

激務と言っても余裕のある時間を作る事も出来ます

基本的に接客業というかサービス業が好きなんでしょうね

ここらへんの好みは人それぞれ

でも打算もある

激務と言われる介護業界ですが、ちゃんとやる事をやれば楽です

介護業界で人材の質は低いです

普通の考え方ができる人はエリートの部類に入ります

普通が100とするなら、多くが60以下

つまり、自分では当たり前の事だと思って働くだけで評価は上がります

キツイのはそのフォローをまともな人がやらなかればならない状況の方が多いので・・

時間の組み立てもできない人が多い

明らかにそのペースや動き方では間に合わないのに、直前まで気がつかない

分かりやすく言えば、夜勤明けでフロアが混乱させちゃう人の事です

早番で来たら利用者の着替えは終わっているのが普通でも

時間の組み立てが出来ない人はパジャマパーティー開催中になっちゃうんですよね

何が言いたいかと言えば、常識のある普通の人なら高評価です

普通にやるべき事をやり、普通の事を普通にこなしていくだけで評価される

人手不足である故のメリットですかね

だから転職して一般職なら安いけど

出世して給料を高く、というのなら介護職への転職はお勧めします

但し20代や30代前半はお勧めしません

多分定年になる前に高齢化は進むけど、高齢者数は減り始めるので

介護職への需要は減ってくる為です