介護の常識は世間の非常識?介護施設ので働き方や生き残る方法

管理人が考える施設介護での生き抜き方

現場社員編

施設介護の生き抜き方

どんな職場でも最低1年は我慢

どんな職場でも最低1年は辞めないで我慢

できれば3年を目指したい

介護は離職率が高い事は既に周知の通りですが

かと言って、さすがに数カ月で辞めてしまうと次の転職に響く為です

意味のない転職回数は確実にデメリットになってしまいます

職務経歴は自分で作るものと考えて下さい

逆に意味のある転職とは

  • 3年の実務経験で介護福祉士を取得して、キャリアアップの為
  • 5年の実務経験で、ケアマネ取得して云々
  • 他の職場から誘われて、役職も上がるパターン

但し、これも短期間で辞めてしまうと

通常の転職よりも大きいデメリットになってしまうので注意

隣の芝生は青く見えるものと考えて

まずは1年我慢、です

繋がりのある仲間

必ず行うのがこの仲間

施設内で叩かれにくくなります

要は1人で孤軍奮闘しても、必ず中には自分と合わない人もいます

敵対する個人やグループ、派閥もできるでしょう

そこに仲間と言う味方がいる以上、相手は理不尽な事は行えなくなります

自分の場合は同期という繋がりでまとめていました

同期の定義は、自分が転職した1年前後に入社した人が対象

大抵の施設なら、1年間に4~5人くらいは途中入社の転職組はいると思います

物凄く幅の広い同期ですけど、まだ慣れていない職場での情報共有は大切

何か提案する時の根回しも楽になります

この根回しも介護施設だとあんまりやらないイメージあるんですよね

普通会議とかで提案する時は、賛同者を増やす為に根回し行いませんか?

奉仕精神が正しい、という介護のマイナス思考だと思ってます

反面教師で学ぶ

介護も他の産業も同じで、100%満足する職場って無いんですよ

良い所もあれば、悪い所もある

残念な事に介護の場合は、悪い所が多いケースが多い

その時は反面教師で学びましょう

「自分が嫌な思いをする事は人にしない事」

例えば2人で排泄介助を分担した時に、相手よりもに自分の負担が重い場合

「あの人と組むとしんどい。。。」

この場合、逆に自分が楽な方を取ってしまうと、相手も同じように感じる

何か提案をした時に、ばっさりと一刀両断

「納得いかない」

と考えるのも当然

じゃぁ、自分は何か提案された時に断るとしても、相手が納得した理由を提示して断る

介護に限らないんですけどね

介護の場合は主観で物事を考える人が多いので、反面教師で学ぶのが一番

自然と、施設内での自分への評価も上がってくるので、動き易くなります

出過ぎない事

出る杭は打たれます

訳の分からない理論で反論される事もあります

味方が増えるまでは出過ぎないようにしましょう

介護の常識は世間の非常識と言われるくらい、常識が通用しない事が多いです

私が一番嫌いなのは、主観的判断での正義心ですが・・・

理不尽な事があったとしても、最初は我慢

じゃないと周りは敵だらけになってしまいます

まずは時間を掛けて、社内での信用を得る事が必要です