ヘルパー2級の施設実習、初めてのシーツ交換

2007年夏頃
ヘルパー2級実習の話

ヘルパー2級の施設実習

前回の入浴介助後はお昼休憩

確か食券でお昼を購入できたんですよね、今考えると凄い。。

ここからは午後の話

最初にその老健の様子を書いておきます

そのフロアで1番上っぽいのが、おばちゃん介護士さん(仮にFLさん)

FLさんの上の存在のNSさん、FLさんとは対等っぽい世間話をしてる

FLさんの下に他の介護士さん、あとはシーツ交換や清掃が中心のスタッフ(Sさん)

東京介護:「これから何をしたら良いのでしょう?」

FL:「そうねぇ、シーツ交換でも一緒に回ってもらいましょうか」
■■■Aくーん、実習生とシーツ交換回ってもらえる?」

Aさん:「はーい、S君はどこまで終わってる?」

Sさん:「ここまで終わってるので、あとはそこまで、清掃はもう終わってます」

Aさん:「もうそこまで終わってるの?私達も手伝うわー」

FL:「あのさ、S君。シーツ床に置くのやめてもらえる?
■■■常識で考えたら分かるでしょ」

Sさん:「あ、はい、すみません」と返事して作業に戻る

FLさん:「シーツを床に置く神経が私には分からないわ」(怒り)

東京介護:(うん、どういう顔して私はここにいれば良いのだろう・・・)

ここで生まれて初めて現場でのシーツ交換の体験でした

どんなシーツだったかは覚えて無い・・・

でも三角折した覚えないんだよなぁ・・・でも老健でボックス使うだろうか・・・?

掛け布団もどんな形式だったか覚えてません、ごめんなさい(汗

Aさんは気さくなおばちゃん

Aさん:「ヘルパーの実習は結構来るしね、私も昔は取りに行ったわー」

等々凄く話しやすい

シーツ交換は演習でもやっていたし、2人だからさほど難しくは無い

今考えると実習生の扱いって結構難しい

実習生は施設にお金を払ってきてるお客さん、でも教えなきゃいけない

かと言って未資格だと身体介助NGな所もあるし

そもそも事故起きたら何と説明したら良いか・・・

そうなるとシーツ交換や話相手等の無難な事しか無理なんですよね

実習生は施設にお金払ってても、現場からは関係無いですもん