ヘルパー2級の訪問介護実習(1日目)

2007年のヘルパー2級の実習

ヘルパー実習初日

前回に引き続きヘルパー2級実習の話

当時のヘルパー2級は今と違い、介護事業所での実習が必須

施設介護実習2日、訪問介護実習2日、通所介護1日

今回は訪問介護実習になります

訪問介護実習1日目

訪問介護は1人で行く訳では無く、ヘルパーさんに同行という形で行います

東京介護:「おはようございます、ヘルパー2級の実習できました」

事業所の方:「じゃぁ、そちらでお待ち下さい
○○さーん、前話したと思うけど今日実習生来るから」

こんな感じ

1件目はほぼ自立に近い高齢者の方

同行ヘルパーさんの指示の元行ったのは・・・

  • 玄関近くの床を履き掃除と雑巾拭き
  • 畳の部屋を掃除来がけ
  • あとは話相手・・・

この話が凄く長い長い長い・・・

利用者さん(Aさん):「あなた私の(孫か息子)と年が近いなんたら・・・」

東京介護:「そうなんですかー」

Aさん:「この前もお金が無いからと借りに来てね、あなたもそういう事ある?」

東京介護:「実家は遠いんでないですねー、逆に貸したくらいですよ」

Aさん:「そうなの?いくらくらい?」

東京介護:「この前100万円貸しましたね、でも返してもらいますよ」

Aさん:「○○さんーん!! この方御両親に100万円渡したんだって!!!」

東京介護:「ちょ、まっ」

ゆるーい感じですよね

ケアプラン以外の事はしてはいけないと厳しくなったのはこの頃?

まだ緩かった頃だったのかな・・・

正直な所、想像していたのは

褥瘡のポケットが3箇所くらいあったり

寝たきりレベルの方を入浴や洗髪したり

を想像していたから拍子抜け・・・(これって介護なのだろうか・・・)

と思いつつ事業所でレポートを書き、1日目は修了

今思うと、ヘルパー実習で重介護者に当たる事は無いですよね