ヘルパー2級講座の座学は苦痛の時間。内容は・・・覚えてません

東京介護、プロローグ3話

2007年の夏頃

ニチイ学館吉祥寺校のヘルパー2級講座

受講メンバーは30人くらいはいたかと思います

平均年齢は高めで40代が中心(見た目年齢で判断)

20代は誰もいない(平日だしね・・・)

10代が1人、お母さんが看護師さんの影響で言われて来たらしい

この子が凄くノリがいい、まさに現在っ子という感じで17歳の女の子

最も活動的で大人数なのが主婦の方々

転職とかでは無く、将来の為、自宅で介護者が出た時の為

という方が多かったですね

座学の内容は・・・ゴメンナサイ!記憶にありません!

だって覚えて無いもん、仕方が無い!

演習は今でもはっきりと覚えてます

数人のグループになってシーツ交換で三角折りの練習したり

2人1組でゴミ袋の中にタオルで作った輪を入れて、ベッド上で洗髪したり

左手で歯磨きをして違和感を実感したり

歩行器の使い方もやったかな??

あ、あと着替えの介助で健側からか、患側からかとか、これは実戦でも役に立ちました

若い世代が少ないので、10代の女の子と組むことが多く約得感満載、うん

演習で主婦の方々は積極性抜群

トランス(ベッドから車いすへ介護者を移乗)とかも

「やっぱり体が大きい男の人練習台になってー」

と私が実験台になったりしてました

何が一番きつかったか聞かれると、座学と答えますかねー

特に介護保険に関わる部分はキツイ

1日7~8時間近くみっちりとテキストで勉強、苦痛の時間

進まない時計の針、自分の予想した時間の流れと、現実の時の流れが違う

空想でなんとか時間が過ぎるのを待つしかない

そんな事は講師の先生も分かってるから、受講者を当てたりしてくる

私は喫煙者なんですが

1時間座学→10分休憩で喫煙→1時間座学のエンドレス

この時のテキストは講習後に開く事なかったもん

これ書いてる時に思い出したのが、講師の先生がお通じの話をしてる時

「こんな話でごめんなさいね、私達はカレー食べながらでもこういう話できるの」

(いやいや、わざわざ言わなくても・・・みんなドン引きしてんじゃん・・・)

経験積んだ今でも思うけど、食事中汚い物は無いに越した事はありません