ヘルパー2級の実習、行きたくない・・・

ヘルパー2級の実習

2007年の夏頃

ホームヘルパー2級の実習の話

「28歳で介護業界に転職しました」のプロローグ4話

ヘルパー2級は現場での実習が必須なのです

ヘルパー2級講習は座学と演習も修了

試験がある訳じゃないから、実習を行えってレポート提出さえすれば

ヘルパー2級課程が修了して、資格保持者(正確には修了者だけど)になれる

現在の初任者研修が昔のヘルパー2級みたいなものですが

今のヘル2に該当する初任者研修の実習って選択制なんですよね

初任者研修:実習したい人は追加費用払って参加できますよ

ヘルパー2級:実習が必須、レポートも出さないと終わりません

こんな感じ

でもメリットもある、介護の仕事に着く前に

  • 利用者さんと触れ合える!
  • 憧れの介護の仕事を直接見れる!

なんて思う訳ないでしょ

  1. 介護の人員不足は当時から社会問題
  2. キツイ・キケン・キタナイの3kどころか5kと呼ばれる内容
  3. その中身はメディアからの情報が大半で見た事無い、ブラックボックス
  4. ネットの情報収集で、実習は迷惑と現場の意見を知っている

外部から見たらこの条件がそろっているのに行きたい人は少ないと思う

はっき言って行きたくない・・・

正確的に問題は先送りする心の弱い人間なので

「あー、行きたくないなー」

と思っていたはず

理解できないものへの恐怖って誰もがあるんですよ。。。

ヘルパー2級の実習内容と日時の決まり方

ヘルパー2級の実習内容は

  • 施設実習が2日間
  • 訪問介護実習が2日間
  • 通所介護が1日

の計5日

日程はどうやって決まるんだっけ・・・

確か座学中に希望の日時を聞かれるから答えておいて

あとは受け入れる施設が決まり、座学の最終日に伝えられる

こんな感じだったような

座学終了後に改めて連絡します。では無かったんですよね

それははっきりと覚えてる、なぜなら

「17歳の女の子と施設と通所の実習が同じ場所・日時で喜んでたから」

2人で「おー」と喜んでた覚えがある

男ってこんなもん、若い子と同じ方が楽しいでしょ?

次回から実習内容に入りますが先に言っておきます

通所介護は内容忘れてます!

訪問介護と施設実習は会社名や施設名も覚えてるんだけどなぁ・・