その介護施設は安全?介護職員の立場から見た有料老人ホームの選び方

もし自分が身内を有料老人ホームへ入居させるのならば?

手っ取り早く2ヵ月程働いて内部調べちゃうのが早いのですが

そうじゃない場合、どこを見るのか書いてみました

役に立たない介護施設の選び方

資料請求はいらない

大抵ネットに情報があるので、資料請求は最後の最後

いくらパンフを見ても中身は分かりません

そもそも良い所しかパンフには載せないのが普通でしょう

メールの量や営業の電話と長話をしたいのであれば別ですが

介護施設の一括請求も避けたい

必要な情報はパンフには載っていないので

ある程度絞ってから、です

そもそも大抵の介護施設、特に有料老人ホームになれば

自前のサイトを開設しているはずなので、資料請求よりもネットを調べた方が早い

施設見学

見て何が分かるの?

というのが率直な感想

職員として働く時も施設案内はあるけれど、見ただけじゃ分かりませんもん

Q,綺麗なホームだった

綺麗なのは当たり前です

モデルルームや共用部の見える部分は綺麗にしていくのが普通でしょう

逆にそこすら来たないのであれば、終わってます

Q,新しいホームだった

新しいホームも数年すれば古いホームになります

既往や病歴次第ですが、80代後半ならあと10年は見ておくべき

10年後には築年数10年の古い施設になります

但し、新しい施設は職員がオープニングで定着し易い事

利用者も少なく、職員とのコミュニケーションもとり易い

入居率が低い間は職員も余裕がある

等のメリットはあります

Q,最新の設備

これも同じ

どんなに立派なお風呂、パワリハがあっても、結局は使う人間次第

  • 凄く立派な檜でも、入浴時間20分の流れ作業、処置も適当
  • 普通の個浴だけど、自立を支援しつつ、時間を掛けて丁寧にやってくれる

どっちを取りますか?

職員さんが良い人

対応してくれたのは現場の職員さんですか?

入居前の段階では恐らく、施設の責任者か相談員が対応すると思いますが

現場で介護に関わる人ではありません

入居前に良い人そう、というイメージを持つのはやめましょう

家族側の都合を優先するのであれば、事務方の評価だけで良いと思います

利用者本位で考えるのであれば、現場職員の方を重視する必要があります

やっぱり利用者さんを大事にしている家族は

現場職員とのコミュニケーションを取って情報共有をしてくれるんですよね

本来はこちらからやらなければならない事なのに。。。

ちなみに施設に来ても職員ともしゃべらない人

これは利用者に対する義務で着ている方が多い、息子さんとかはそのケースが多いですね

介護職が考える老人ホーム選ぶポイント

現場職員の離職率

現場で働く職員の離職率は重要

大体離職率は20%が平均と考えて下さい

20%でも、5年で職員の大半が入れ替わる計算なので高いのですが

介護職の離職率は元々高いのでこのくらいです

離職率が高ければ、教育に時間を掛ける事も出来ず、技術も当然低くなります

離職率を絶対に教える事はできない、という事は無いはずです

もしかしたら算出に時間がかかるかもしれないので、後日回答します。なら有り得るかも

その間に本部や営業スタッフとどうしよう、と作戦会議です

少なくとも公表制度で離職率や経験年数も公開してるんですよね

できれば最新データが欲しい

注意したいのは、離職率に厨房や営業、事務員を含めていないかどうか

中には外部委託の厨房や、営業専門のスタッフも人員換算している所もあるので

あくまで現場スタッフの離職率が大事

派遣と常勤の割合

派遣さんが多い所も避けたいです

仕事のできる派遣さんも多いので、派遣だからこうだ、とは言えないのですが

やっぱり直接雇用の常勤が多い方が安定はします

離職率の質問をした時に、派遣さんの更新継続率も聞けたら良いかも

但し、これは答えを出すのに時間がかかるので、後日回答になると思います

派遣さんも、個人的な事情をのぞいて、良い職場なら継続して働いてくれます

派遣さんが多いとレベルも低くなります

中々派遣さんに教育をするのって難しいんですよね

教えても数カ月で更新しない場合もあるし、教育するにしても

その間は既存の職員の負担が増える

職員の服装

職員の服装は重要

服装までちゃんとしているのであれば、細かい所まで目が届いています

靴のかかとを踏んでいないか?

入浴着のままフロアで仕事をしていないか?

当たり前の部分ですが、忙しい施設だとおろそかになる部分です

夜間NSの配置

入居する家族が本当に大切であれば、夜間NSがいる施設が安全

夜間の方が大きい事故が起こり易いし

介護職員のみであれば、Drも救急搬送でとりあえず病院に送るしかないんですよね

(仮にNSがいたとしても頭部打撲であれば搬送になりますが)

救急搬送された時には、必ず家族に来てもらう事になります

職員さんに全てお任せしますのであれば、事前に延命をしない旨を伝えて下さい

じゃないと病院としても今は説明と同意が必要

家族や後見人がいないのであれば、治療方針も決められないし

家族が来るまで介護職員は、病院のDrや救急のNSに怒られ続けてるんですよね。。。

ヒヤリハットの数

これは教えてくれるかどうかは不明

ただ、ヒヤリの少ない施設は事故防止の観点から非常に危険

リスクに対しての認識が甘いので、辞めておくべき

有名なハインリッヒの法則でもありますが

1つの事故に30のヒヤリなんて出ません

100名規模の施設であれば、1日1枚はヒヤリ出してほしい

少なくとも事故報告書と同枚数は欲しい所

多分やる気の無い所や、忙しくて手が回らない所は殆どヒヤリは出ません

どんなに忙しくても事故対策やリスク管理は必要であり

ここを怠っている施設は選ばない方が無難

同じ事故で転び続けて、そのうち骨折して車いす、次に寝たきりへ

という王道コースへ最速で進む事になります