認知症の要介護者が起こした事故は誰の責任?家族が賠償責任の判決

理想の介護の弊害

そして在宅介護の厳しさがよくわかる

配偶者の要介護者が事故、責任は誰に?

要介護者が電車にはねられて死亡

事故の経緯は

  • 91歳で要介護度4の男性(御主人)
  • 85歳の配偶者(奥さん)要介護度1
  • そして他県に住む長男

実際にはもう少しいますが、主に関係するのはこの方々

自宅で奥さんがまどろんだ短時間の間に、要介護者の男性は外出

そのまま電車にはねられ亡くなります

介護放棄等は無く、御主人はデイサービスにも通っていたみたいですし

デイサービス以外の時間帯は、奥さんが介護という形

状態にもよるけど、徘徊があるのでかなり負担はかかった事だと思います

長男さんは他県にすむが、月に数回様子を見に来たり、方針を決める立場

ここで問題になってくるのが、要介護者の過失は誰が責任を負うのか?

鉄道会社のJRは家族に対して賠償を求めます

1審は要介護者の妻と息子に監督責任あり

裁判所は、奥さんとその長男に対して720万円の賠償責任を認めます

はっきりと、監督責任があると裁判所も言っています

この判決は業界関係者や、特に在宅介護の介護者には衝撃だったんじゃないかな

「認知症は病気であり、仕方がない」

では無く、認知症だけと監督責任は家族

という判例法を作った事が大きい判決

2審の判決は要介護者の妻のみ賠償責任

2審は奥さんに360万円の賠償責任

長男さんは、長男の配偶者が引っ越して在宅介護に関わっていた点が評価

あとはJR側もしっかりと防止対策しておくべきだったんじゃないの?

という点で、金額自体は1審の半額となっています

結局、家族に監督責任があるという事には変わりはありません

あと裁判起こさないと不要の立場にある子供にも責任が及んでいた訳です

両親は田舎だから、知りません

という事は通用しないというリスクは存在しますよね

要介護者の妻が要介護度1なので

息子さんの奥さんが在宅介護で協力していなかったら

同じ賠償責任の判決出た可能性は十分考えられます

拘束はできません

要介護者は徘徊行動あり

事件当時は玄関を誰かが通ったら鳴るセンサーの電源を切っていたとの事

それだけで徘徊がかなりある状態、若しくは昔あったと考えられます

ほぼ寝たきりの方にセンサーは必要ないので。。。

日中はデイサービスで何とか凌げるけど

昼夜逆転っしちゃうと結構厳しいと思います

要介護者の状態次第では、奥さんほぼ眠る事が出来ない状態になるんじゃないかな?

拘束はできません

介護施設も住宅という扱いです

法律で多少は違う所があるものの、住民票を移す事も出来る住処

在宅だから拘束して良いという法律は有りません

その方の自由を奪うこと自体が拘束となります

手足をベッドで縛り付ける事だけが拘束では無い

広い考えで言えば、スピーチロックも拘束になっちゃいますよね

部屋の中か玄関に鍵を掛けて外に出れないようにする

これは拘束です、3原則にも該当しないので無理でしょう

つまり、この場合は要介護者は自由に動ける状態になっていなければならない

でも安全には配慮してね、何か起きたら責任取ってね

というのは、まぁ介護施設では普通の事

施設でも入居者さんが転びそうだから、と拘束できないのと同じです

こういった拘束の制限は、大抵施設側の問題が提起で起こります

言ってしまえば、措置自体の対応策でしょうか

でも、その基準が在宅にまで及んじゃうんですよね

ちなみに病院は拘束されます

病院は治療を目的という名目があるので拘束されます

認知がある利用者さんが入院をすると、まず歩けなくなって帰ってくる

とある家族に、玄関のロックに関して

「病院ですらこんな事はしていないのに、ここはおかしいだろう」

と言われた事もありますが、認知症の入院患者さんの布団めくって下さい

拘束帯で起きれないようになってますから・・・

長男さんの意見

認知症の方の保護は家族だけではなく地域で見るものだ

このままでは家に閉じ込めておくしかできない

とコメントしているみたいですが、違います

家に閉じ込めるのは拘束になります

徘徊の原因まず話し合って、環境や原因を考えていきましょう

というのが介護の考え方

実際に介護に関わらないと本当の介護の厳しさって分からないもの

排泄とか別にどうでも良い、そんな事は大変じゃない

場合によっては24時間対応する必要もあって、そして終わりがいつか分からない事

私個人の考え

拘束に対する考え方

決して拘束に反対する訳じゃないですよ

ただ、3:1の人員で考えると中々厳しいのが現実でしょう

勿論余裕があれば可能です

センサーだらけにしても、自分で自分の首を絞めるだけになるので

根本的な解決から図るのが一番良い

ちょっと意見を出して

「あの利用者さん落ち着いたね」

という管理者さん、認知が進んで動かなくなっただけですよ・・・それ

追記

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160202/k10010394671000.html

川崎市に住む赤塚信子さんは(63)、認知症の母親のヨシさん、91歳を自宅で介護しています。夕方になると荷物をまとめて家から出ようとする母親のはいかいを防ぐため、赤塚さんは玄関の鍵は2か所にかけ、家の中にいても常に母親の姿を確認するようにしています

出典:NHKニュース

玄関に2箇所の鍵

要介護者が自分で開ける事が出来ない状態にあるのであれば、拘束です

それが現在の介護